妊婦さんにおすすめなのが葉酸サプリの理由

妊娠したら、葉酸サプリを摂取した方が良いと言われています。それは、葉酸が赤ちゃんの成長に欠かすことが出来ない栄養素のためです。

葉酸は人間の身体の中で細胞分裂のために使われます。赤ちゃんは精子と卵子が受精した後、細胞分裂を行いながら成長して人間の形になり、10か月をお母さんのおなかの中で過ごします。

その間、赤ちゃんの栄養はお母さんが食べたものに依存しているため、お母さんの葉酸不足はそのまま赤ちゃんの葉酸不足に繋がってしまいます。

母子手帳にも妊娠初期の葉酸摂取の重要性は記載されているのですが、妊娠初期は脳や脊髄といった人間の大事な器官が作られる時期です。

その時期に細胞分裂に必要な葉酸が不足してしまうと、赤ちゃんの細胞は本来の形になることが出来なくなってしまって無脳症や脊椎二分症という重大な障がいが残ってしまう可能性が高くなってしまうのです。

しかし、妊娠初期の一番葉酸が必要な時期にまだ妊娠に気づいていないお母さんもいます。そのような場合は妊娠が分かった時期にはすでに葉酸が一番必要な時期がすぎてしまっていることもあるため、妊娠を希望する1か月前から葉酸を摂取することが推奨されています。

また、葉酸の摂取は葉酸サプリを利用することも推奨されています。これは葉酸という栄養素が熱や水に弱く、加熱してしまうと生で摂取する場合の半量程度にまで減ってしまうことが理由です。そのため、妊娠初期に必要な葉酸の摂取量は400マイクログラムです。

しかし、これだけの量を食べ物から摂取しようとすると、ホウレン草ならば毎日2束も食べ続けなければいけない量です。他にも鶏レバーなどにも葉酸は多く含まれていますが、1日の摂取量を満たすだけの鶏レバーを食べると、他の栄養素の過剰摂取になってしまいます。そこで推奨されているのが葉酸サプリを利用することなのです。

厚生労働省では、食べ物からの摂取に加えて、栄養補助食品から1日400マイクログラムの葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクが低減する可能性がある、という資料を発表しています。これは食べ物以外から400マイクログラムの葉酸を葉酸サプリから摂取すると良い、ということでもあります。葉酸サプリを利用する理由は、葉酸が多少の過剰摂取をしても汗や尿として体外に排出されてしまうという性質があることです。

しかし、過剰摂取をしすぎるとかゆみや蕁麻疹、発熱といった副作用が出ることがあるため、1日の摂取上限の1000マイクログラムを守るようにしましょう。

妊娠初期と葉酸

妊娠したときにはさまざまな栄養が必要となってきます。

超妊娠初期と呼ばれる妊娠0周?4週間までの時期は、排卵して受精し、着床して分裂が始まる大切な期間です。妊娠期間のうち短い期間ではありますが、健康な子供を生むときには重要な時期でもあるのです。

続きはこちら

葉酸サプリ使用時における発生する可能性がある副作用とは

一般的に葉酸サプリを使用する方として多いのが女性であり、それも妊娠をしているという可能性が高くなっています。使用することで一種の妊娠促進剤のような効果を得ることが出来ますが、その一方で副作用についても発生することがあります。

主に母体の胎児に対して悪影響を与えてしまうケースが多く、出産時において何らかの持病などを持った赤ちゃんが生まれてくることが多いです。喘息持ちや障害がある赤ちゃんが生まれる可能性が高くなり、こういったリスクが高くなってしまいます。

続きはこちら

妊活サプリ

妊活サプリは、妊娠しやすい身体を作るために必要な栄養素や成分をバランス良く配合させているのが特徴で、葉酸や鉄分、ビタミンBやEなどが含まれています。妊活サプリを妊娠中も積極的に摂取することで流産や先天異常のリスクなどを軽減させることもできるため国も妊活サプリを推奨しています。

続きはこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: